一発合格へ向けた学習対策への備え

合格へ向けた学習準備

学習期間は、最低でも6か月をキープしましょう。

通関士試験に合格するために必要な学習期間はどれくらいでしょうか?これはみなさんが一日にできる学習量にもよるとは思いますが、少なくとも半年間は学習期間を確保してほしいと思います。管理人自身、基本的事項を習得するのに1日2時間、4か月くらいは掛ってしまいました。合格するためには、その上で演習問題をたくさん解いたり、総まとめをする時間も必要です。また、しばらく机に向かう勉強から遠ざかっていた方は、毎日勉強をする習慣づくりにも、いくらか時間はかかるでしょう。
通関士の本試験は、10月初旬~中旬に行われます。試験日から逆算して半年ですので、勉強開始の時期は遅くて4月、プラス1か月くらい余裕を持って始めましょう。

揃える教材は?

最低限用意しておきたいのは、参考書(基本テキスト)と過去問題集、レジュメ集、この3つになります。通学をする方はスクールが用意してくれるこれらの教材に講師授業が、通信講座を利用される方には講義DVD等がついてくるということですね。

  • 市販の基本テキストお薦めは…
    『通関士試験合格ハンドブック』(中央書院)
    ※広範囲な知識の習得が必要な「通関士」受験者のために、合格に必要な知識をおさめた定番テキスです。
  • 問題集お薦めは…
    『通関士試験テーマ別問題集』(中央書院)
  • レジュメ集とは
    レジュメ集は、基本テキストのなかのポイントをまとめたものです。試験に出やすい個所をまとめていますので、これがあると合理的な学習ができます。レジュメ集は、専門学校が単品で発売しています。独学される方は、そちらを利用しましょう。
  • 学習プランの一例
    3月 全科目について、何度かテキストを読み返す。
    4月 通関業法の基本事項の学習(テキスト中心+基礎問題演習)
    5月 関税法の基本事項の学習(テキスト中心+基礎問題演習)
    6月 関税定率法等の基本事項の学習(テキスト中心+基礎問題演習)
    7月~8月 関税法、関税定率法、通関業法全てを問題演習中心に取り組む
    9月~ 弱点の克服に集中する、および総まとめ
    10月 試験本番
  • 試験当日のアドバイス
    試験当日は、雰囲気に慣れるために出来るだけ早めに会場へ向かいましょう。1時間前には到着して、「受かるイメージトレーニング」をするなどの気持ちの余裕を持つことが大切です。個人的な意見ですが、試験会場へは、テキストや問題集は持っていかない方がいいと思います。どんなに勉強をした人でも、覚え切れていない個所はかならずあるからです。それまで自分が積み重ねた努力の量に自信をもって、試験に臨むことが大事だと思います。

次のページ >>

>> 私が合格体験から選んだ最良の勉強方法 <<