通関士の知識を活かせる職場

通関士の知識を活かせる職場

通関士の大多数は、われわれと同じように「通関業者」で働いています。通関業者とは輸出入者の代行業を行う企業のことで、日本には1000社ほどあります。具体的には、港湾運送事業者、航空運送事業者、道路運送事業者、倉庫業者などが通関業者になります。

しかし今日、通関士の活躍の場は、通関業者のみにはとどまっていません。広く申し上げますと、国際貿易に携わっている企業のいずれでも、通関士の知識は役立てることができるといえます。

  • 商社で役立てる
    海外との取引を無数に行う商社では、貿易知識は、社内での一般常識と言っていいほど必要な知識です。通関業務そのものはわれわれ通関業者に委託するケースが多いですが、為替レートの変動などを読みながら「儲ける貿易」を行うスキルは、商社マンの方が数段上です。貿易マンとして、通関士の知識は大いに役立つことでしょう。
    また、商社には国際物流を専門に行っている部署があって、そこでは通関業者と連携をとりながら、貨物がスムーズに流通するよう商品管理をしています。こうした部署では、女性スタッフも大勢活躍しているようです。
  • メーカーの貿易部門で役立てる
    たとえば機械系メーカー等では、製品部品を、商社を通さず自社で直接海外から仕入れるために、社内に通関部署を設置する会社が増えています。こうした動きはインターネットの発達に影響を受けているようです。
    精密部品などのメーカー業は、部品に掛るコスト1円の差が、最終製品段階での利益を大きく左右してしまう厳しい世界です。また、生産の短納期もメーカー企業に課せられた命題です。そのため、商社と同じように為替の動きを見て、社内で適切な商取引・通関業務を担う人材が求められています。この場合、お客様は自社内の製造部門ということになります。自社の事業に大きく利益貢献するやり甲斐が、メーカーの通関業務にはあるようです。
  • 量販店の購買部門で役立てる
    海外からの直接買い付けといえば、最近は、量販店などもその動きが活発です。実際大手の流通チェーン店などでは、商社当と協力しながら、家具・雑貨・日用品などのプライベートブランドを開発し、海外のメーカーに生産を委託し、並行輸入で店頭に並べています。ご存じの通り、ホームセンターなどの量販店では取り扱い品目は無数にわたります。さまざまな物品の知識が必要とされる点においては、われわれ通関業者の通関士とまったく同じだと思います。流通業において、海外から直接買い付けるという動きは、今後ますます活発化していくでしょう。そのぶん通関士の知識を持つ社員のニーズも、一層高まっていくはずです。

次のページ >>

>> 私が合格体験から選んだ最良の勉強方法 <<