通関士の仕事内容

通関士の仕事内容

このページでは通関士の仕事を、整理してみます。通関士の役割を理解する上で、「そもそも通関とは何か?」から話を始めていきましょう。

貿易で海外から貨物が入ってきたり、反対に海外に貨物を輸出する際に、必ず通らなければならないところがあります。それは税関というところです。
税関では、「この貨物は日本に入れてもよいか?」「輸入するには税金をどれだけ払う必要があるか?」などさまざまな検査を行います。このチェックを受けることを、税関を通るので「通関」といいます 海外旅行に行く時には、私たちも空港等で必ず税関検査を受けますよね。旅行者であるわれわれも物品の輸出入(お土産など)を行っているからです。

通関士は、そのよう輸出入に伴って必要な通関手続きについて、輸出入者の代行をします。実はこの資格は財務省管轄の国家資格であり、輸出入者を除いては、通関士の資格がなければ申告を行うことができません。そのため、通関士の一番の役割は、通関手続きが終了するまでの一連の業務の責任を担うということになります。また輸入申告書に記名押印することができるのも通関士のみです。つまり、各書類の審査を行いそれに押印するのは、実質的には、われわれ通関士なのです。

通関士の仕事は大きく「通関手続き」「不服申し立て」「税関に対する主張・陳述」「通関書類作成」の4つに分かれています。

  • 通関手続き
    税関法や関税に関する法令に基づいて必要な申告や申請を行い、それらについて許可や承認を得るまでの一連の手続きが、通関手続きの代理業務です。実際のところ、業務のほとんどはこの代理手続きにあると言っても、過言ではないでしょう。
    通関手続きの代理業務には「輸入申告・輸出申告」「関税・消費税の申告」「貨物のチェック」「積み込みの申告」「保税地域に貨物を置く申請」などがあります。
  • 不服申し立て
    通関士が申告を行った通関手続きの内容に、税関長から何らかの処分を申し渡される場合があります。その処分に対して、輸出入者がそれが不当なものであると感じた場合、通関士は、輸出入者の代理として異議申し立て、審査請求を行います。
    輸出入者の権利を守る意味で、この「不服の申し立て」も、通関士にとって重要な仕事です。不服申し立ては、その処分を知った翌日から一ヶ月以内に、財務大臣に対して審査請求を行います。
  • 税関に対する主張・陳述
    不服の申し立てにおいて通関士は、依頼主に代わって審査請求をするだけでなく、税関官署に対する、意志の主張や陳述も代行することができます。通関士は、主張、陳述などにおける業務の遂行能力を身につけておく必要がありますし、その書類を作成するための処理能力を養う必要もあります。
  • 通関書類作成
    通関士は輸出入者に依頼により通関書類を作成します。この通関書類には税関官署または財務大臣に対して提出する「輸出申告書」「輸入申告書」「意義申立書」「審査請求書」などがあります。

次のページ >>

>> 私が合格体験から選んだ最良の勉強方法 <<